免許とは

HOME>免許とは

免許とは

広義の「許認可」の意味では、官庁役所等での行政行為ではない、私的な人間関係における「許認可」の行われる例もあります。
現代でも、営利団体・非営利団体等、公開・非公開でも、様々なその固有の基準による「許認可」が行われています。

一般に免許という言葉が使われるのは、2つあります。
日本の芸道における家元が門人に流派の名乗りを許すことです。
日本の法律上の免許のです。これは元はといえば、前者の日本の伝統的な派生した言葉ですが、現代では「運転免許」等、近代法の中でも使われるようになりました。

「免許」とは本来、日本伝統芸能、武道の世界で使われていた言葉です。
例えば茶道、華道、日本武術、日本舞踊、能、狂言などの流派において、師匠が弟子に一通りの技能を伝授すること、 または、伝授に際してそれを証明する許し状のことを「免許」といいました。
その芸事における全ての内容を伝授することを、皆伝と言い、免許と皆伝が同時に伝授された場合は、併せて免許皆伝と呼びました。

日本の国技の大相撲においても、免許がありました。
嘗ては力士が横綱を締めるには、吉田司家という家系が代々権限を持っている、発行する免許が必要でした。これを持たずには横綱土俵入りを行なうことのできる正式な横綱としては認められませんでした。同じように立行司も吉田司家の免許によって、紫房軍配を使って本場所の行事を勤めることを許されました。

このように、日本の伝統的な芸能、武術等の世界で「免許」の許認可は、行われていました。それが後に近代法の成立によって、公的の社会的な意味に使われるようになったのです。

topback



当ホームページの情報を利用して起きたトラブルに関して当サイトは一切の責任、保証を負いません。自己責任にてお願いいたします。
当ホームページは個人が運営している非商用サイトです。