法学 免許

HOME>法学上の免許

法学上の免許

「許認可」が行われる、「免許」とは、元々は日本の伝統芸能や武術等の特定の社会で通用された言葉ですが、日本での近代法の確立以降、公的な意味を持って使われるようになりました。
現代の法学において、「免許」とは一般に禁止・制限されている行為を、行政機関が特定の人に対して許すことや、特定の人に権利を定めて地位を与えることになります。

日常会話において単に「免許」という場合には、最も一般の人の生活にも身近なものとしては、自動車の運転免許を指すことが多いでしょう。新聞、雑誌等の求人広告で、運転できる能力が必要ならば「要普免」などとも表現されたりします。
大きく分類するならば、「免許」は、自動車の運転免許など個人に与えられるものと、事業免許等で法人に与えられるものに分けることができます。
また個人にも法人にも与えられるものもあります。
免許を証明する書面は免許証、免許状などと呼ばれ、個人に与えられたものは、時に身分証明書の代用として機能することもあります。

様々な公的な資格、免許をめぐって、各種公的機関が行政行為として、国民への「許認可」が行われます。自動車免許から、各種公的資格まで、個人の基本的な人権に関わる諸権利の保証と、その行使を助ける役割をしているのです。

topback



当ホームページの情報を利用して起きたトラブルに関して当サイトは一切の責任、保証を負いません。自己責任にてお願いいたします。
当ホームページは個人が運営している非商用サイトです。