民間 資格

HOME>民間の資格

日本の許認可:民間の資格

「資格」には国家資格から様々な公的資格がありますが、民間団体・企業・業界団体などが、独自の審査基準を設けて任意で与える資格があります。また、級別に水準を示す検定とするものもあります。行政行為ではないですが、広義ではこれも「免許」とそれに付随する「許認可」ということになります。

法規制がないために、業界によっては一定の能力担保がされていると認知されている、事実上の公的な評価を得られる資格もあります。
あるいは「資格商法」で与えられるような社会的な評価のほとんどないものまで、玉石混交なことも事実です。
また、企業が自社の活動の為に従業員に対して付与するための、社外では全く通用しない社内資格(内部資格)まで、特定の範囲内でのさまざまなものが存在します。

また、日本国内だけでなく海外でも試験が実施され、国際的な基準によって認定される、評価も高い資格が存在します。TOEIC、TOEFL、CFP®資格、CIIA®などがこれに該当します。

この他に一般的な民間の資格は、例えば、DTPエキスパート、臨床心理士、P検、MOS、MCP、CCNA、ニュース時事能力検定、認定補聴器技能者、AFP資格、TOCOL、数学コーチャー、福祉住環境コーディネーター、フードコーディネーター、防犯診断士、COMライセンスなどがあり、時代によって変遷もあります。

topback



当ホームページの情報を利用して起きたトラブルに関して当サイトは一切の責任、保証を負いません。自己責任にてお願いいたします。
当ホームページは個人が運営している非商用サイトです。