運転免許

HOME>運転免許について

運転免許について

運転免許とは、運転に一定の技量が必要な機械装置や設備の運転に対する免許です。免許の保有を証明して交付される公文書を運転免許証ということになります。
日本の制度では、国家公安委員会・警察庁交通局の管理監督を受ける国家資格となっています。

現代においては安全を保つ上で自動車の運転には一定の技量が必要とされ、各国で法律に基づき免許制度を採っており、試験を経て下されるものとなっています。
日本においては、道路における自動車及び原動機付自転車の運転を認める許可を運転免許といいます。
運転免許は、運転免許証を交付して行なうことになっている(道路交通法第92条)。
運転免許の制度・規則については、道路交通法および下位命令により規定されており、その管理は各都道府県の公安委員会が行いますが、実際の業務は法令の委任により警視庁及び各道府県の警察本部が行っています。運転免許証は各都道府県公安委員会名で交付されます。
道路交通法上で使われる『自動車』という用語には自動二輪や大型・小型特殊自動車も含まれます。これは自動車を「原動機の動力で動く車両」と定義しているためです。なお、『車両』には、車椅子以外の全て(リヤカーや自転車なども)が含まれます。
道交法が適用される道路において、自動車と原動機付自転車は免許の無い者は「運転してはならない乗り物」とされている(道交法第64条)ため、運転免許取得者は「特別に運転を認められた者」という立場ということになります。
故に運転免許は、行政法概念上でいう「許可」にあたります。
運転免許を取得するには、運転免許試験場で実技試験と学科試験を受験するのが原則です。

topback



当ホームページの情報を利用して起きたトラブルに関して当サイトは一切の責任、保証を負いません。自己責任にてお願いいたします。
当ホームページは個人が運営している非商用サイトです。