事業を始める時に必要な許認可

HOME>事業を始める時に必要な許認可

事業を始める時に必要な許認可

許認可とは、特定の事業者が、専門的な業務を行う場合に、それが各種官庁の許可、認可を取ることを法律で定められた業務である場合に、役所からその免許を取得することです。

例えば、土地建物の権利を売買する不動産会社や、工事を行う建設会社、衛生的な管理が必要になる食品会社は、業務を行うための免許の許認可が必要となります。
許認可の書類は、「大臣許可」「知事許可」「保健所許可」「税務署許可」・・・といったように、各種官庁の受付先は詳細に分かれています。

業種によって、許認可の種類には様々あります。
建設業(建設業法):国土交通大臣の許可、都道府県知事の許可
有料職業紹介事業(職業安定法):厚生労働大臣の許可
飲食店営業(食品衛生法):都道府県知事の許可
古物商(古物営業法):都道府県公安委員会の許可
酒類販売業(酒税法):税務署の免許

会社の設立後に、各種の許認可を取るためには、設立時、会社の目的を決める際に、許認可の申請に対応できる文言にしておかなければなりません。
業種によっては、「必ずこの目的の文言を入れておかなければならない」という要件等もありますので、将来的に許認可をとろうとお考えの場合には、注意する必要があります。
また、許認可の種類によっては、最低でも資本金を1,000万円以上用意しなければならない場合もあります。
事業を始めようとするならば、どのような業務内容の会社を設立したいのかによって、許認可の種類を調べておく必要があります。

topback



当ホームページの情報を利用して起きたトラブルに関して当サイトは一切の責任、保証を負いません。自己責任にてお願いいたします。
当ホームページは個人が運営している非商用サイトです。